転職面接で「もし不採用だったらどうしますか?」と聞かれたら、どう答えれば良いですか?

こんにちは。佐藤です。

転職面接で時折聞かれるのが、

「もし今日の面接で不合格となったらどうしますか?」

という質問ですが、これにはどのように答えれば良いでしょうか?

答えにくい質問ですので、ここで考えてみたいと思います。

ちなみにこの質問ですが、私自身が転職活動をしていた際に、

実際に何度か聞かれたことがありました。

そして、今度は自分が面接官をすることになった時は、

このような質問は決してしないように意識していました。

その理由は、「もしあなたを不採用にしたらどうすんの?」

という聞き方が上から目線すぎると思ったからです。

何となく、「こちら(会社側)が選んでやってる、選ぶ権利がある」

みたいな感じがして、イヤだったのです。

と少し脇道に逸れてしまいましたが、

そうは言っても、実際にこの質問をされた場合は、

どのように回答すればいいでしょうか?

まずは、なぜ面接官がこのような質問をするのか、

その「本音」を考えてみたいと思います。

この質問をしてくる面接官の本音は間違いなく、

「この応募者の入社意欲を確かめたい」

ということです。

あたかも不採用をほのめかすような揺さぶり質問は、

志望動機や入社意欲をチェックする目的で行われます。

最近の転職活動は、

複数の企業にエントリーして、

同時並行で進めることが普通になっています。

面接官、採用担当者として一番怖いのが、

採用を決めた後の土壇場になって

入社辞退されることです。

そこで、目の前にいる応募者の本音を引き出そうとするために、

わざとこのような聞き方をするのです。

同じ面接官として言わせてもらうと、

ずいぶんと下手な聞き方だと思いますが・・・

とはいえ、応募者は、うまく回答しないといけないです。

ここでムッとしてしまい、

「それは不採用という意味ですか!?」

などと熱くなってしまって抗議口調で切り返したら、

ヒューマンスキルを疑われてマイナス評価になってしまいます。

かといって、

「不採用にしないでください!!」

と泣きつくのも何だか違う気がします。

そして、もっともいけない回答は、

「残念ですが、諦めて気持ちを新たに転職活動を続けます」

といったものです。

面接官はあなたの「当社への入社意欲」を測りたいために、

この質問をしているのですから、

「ダメだったら諦めてさっさと次にいきます」
という印象を与えてしまってはいけません。

面接に臨む際には、
それが本命の会社ではなくても、

「絶対に合格する!」という気構えを持つことが大切です。

したがってこの質問をもしされたら、

最後まで粘り抜く気持ちで、

入社意欲を伝えるようにしましょう。

このポイントをおさえておけば、

あとは自分の言葉で考えたものを伝えれば大丈夫です。

(模範回答はありません。与えられた答えを丸暗記してしまうと、

確実に不合格になりますので、ポイントを抑えた上で、

実際の言葉はあなた自身で考えるようにしてください)

以上、参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする