転職面接で「合格」に近いことを言われたのに、後日、不合格の連絡が来ました・・・。。

こんにちは、佐藤です。

転職面接を受けた際、面接官の感触も良く、自分としてもしっかりと話せた。

しかし、なぜか結果が不合格になってしまった、という経験はありませんか?

一体なぜそうなったのか。その背景を考えてみたいと思います。

これは意外によくあるケースですが、

面接の最中に合格をほのめかすのが、「クセ」になっている面接官がいます。

「君にはぜひ入社してもらいたい!」

「すごい実績だね。当社でもすごく活躍してくれそうだね。」

「いつから入社できますか?できるだけ早く来てもらいたいのですが。」

などなど、「いかにも合格」的なことを言う割には、

面接後しばらくすると、「う~ん、やっぱり何か違う気がする」

と言って不合格にしてしまうのです。

そういう人は、「たった一つの面接が、応募者の人生に大きく左右し得る」

重大なものである、ということをまったくもって認識していないのです。

要するに就職・転職活動も含めたビジネスの現場で
あまり苦労した経験がない人です。

残念ながら、そういう人はこの日本に結構、存在します。

そして、そういう人に反省して、思い直してもらう機会もほとんどありません。

だからここでは、「思わせぶりなことを軽々しく口にする人が存在する」

ということを知っておくことぐらいしか、対策がないのが現実です。

もし、面接部屋で「あなたは合格です」と言われたのにもかからわず

後になって「不合格」と言われたとしても、それをくつがえすのは難しいです。

「いや、言ってませんよ」と言われた場合、それを証明する手立てがないからです。

したがって、実際に合格をほのめかす面接官に出会ってしまった場合は、

正式に「合格」という連絡を受けるまでは、

あまり過度な期待を持たないようにしましょう。

そして、「内定」と言われた場合は、内定通知書を書面で必ずもらうこと。

この「書面を手に入れる」までは一瞬たりとも油断してはいけません。

これだけは忘れないようにしてください。

実際に転職支援をしていると、

思わせぶりな面接官によって精神的なダメージを受けてしまったという人と

結構よく出会います。

辛い話だと思いますが、そういうこともあると知っておくことで、

過度な期待を持ってしまうことを防げるようになると思います。

頭の片隅に入れておいていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする