履歴書用の顔写真はスピード写真でも大丈夫ですか?

こんにちは、佐藤です。

履歴書用の写真をスピード写真で撮る方がいらっしゃいますが、

そもそもスピード写真を使って良いものなのでしょうか?

些細なことかもしれませんが、考えてみたいと思います。

まず、私の意見としては、

「履歴書の顔写真にスピード写真は使わない方が良い」

ということです。

スピード写真を使うと、どうしても顔全体の表情が暗くなります。

また、写真を自分で切るため、曲がったりしていることがよくあります。

これは些細なことかもしれませんが、選考においては大きなマイナスになり得ます。

企業側にとって、履歴書の顔写真は、合否ジャッジの大きな判断項目です。

写真の印象が良くないから不合格にする、ということがよくあります。

学歴や職歴だけで判断しているのかというと、決してそんなことはないのです。

私が採用担当をやっていた時の経験で言うと、

顔写真の撮り方は、新卒学生の方が優っていることが多いです。

写真屋さんで、キレイに撮影した印象の良い写真を使っている人が多い。

しかし、中途採用は、時間がないからなのでしょうか、

スピード写真で適当に撮ってしまう人が意外なまでに多いです。

よく「本当にもったいないなあ」と心から思ったものです。

値段的にはそこまで大きな違いはないので、

面倒でも、写真屋さんで見栄えよく撮影してもらうことをオススメします。

「オススメ」というより、「必須です」と言ってもいいくらいです。

せっかく書いた履歴書が、「顔写真の印象が悪い」というだけで

ロクに内容も読まれずに不合格になったら、

とてももったいないことだと思いませんか?

実際の企業の採用現場では、実はとてもよくあることなのです。

「そんなはずないだろう」と思うかもしれませんが、これは事実です。

それを決して忘れないようにしてください。

ついでに言いますが、ヒゲを生やしていたり、茶髪だったり、

ピアスがついてたり、メイクが派手すぎたり(またはその逆)、

というようなことも書類選考ではマイナスになりやすい要因です。

細かなところですが、大きな差がつくポイントになりますので、

よく注意するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする