転職活動が辛い、憂鬱で仕方ないのですが、対処法はありますか?

こんにちは、佐藤です。

「転職活動が辛い、憂鬱で仕方がない」

という声をいただことが多いです。

そういった気持ちになってしまった時の

対処法はあるのでしょうか?

誰しもが感じることと思いますので、

私なりの対処法をお伝えしたいと思います。

すごく大ざっぱに述べると、

転職活動が辛くなる、

憂鬱になる理由としては、

「すごく労力がかかる割に、なかなか成果が出ない(合格しない)」

ということがあるかと思います。

空いた時間を何とか作り出して、

履歴書や職務経歴書を書いたり、

面接の対策を練ってみたり、

業界や企業情報を収集したり、

少し遠い面接会場まで何回も足を運んだり・・・。

といった具合に、

転職活動はとてもやることが多いです。

しかし、1つの求人に何人もの応募者が来る時代ですから、

簡単に合格にはならない。

何度も不合格になる・・・。

それでは気持ちも辛く、

憂鬱になってしまいますよね。

ではどうすればいいかと言いますと、

やはり闇雲に行動するのではなく、

一つひとつの行動を成果(=合格・通過)につながりやすくする、

そうすることで、転職活動全体の作業量をできる限り小さくする。

これが一番の対処法だと思います。

転職活動中に、どの瞬間が一番、

気が滅入るかというと、

やはり、

「残念ながら今回はご縁がないこととなりました」

という

「不合格連絡」を受けた時だと思います。

この「不合格」になる回数を

できるだけ減らすことができれば、

逆に、「合格」の回数をできるだけ増やすことができれば、

気分が落ち込むどころか、

モチベーションがどんどん高まってくるようになります。

ですので、このブログでは何度も述べているのですが、

やはり

適切な「転職ノウハウ」を学んで、

少しでも他の応募者と差をつけることが必要です。

転職を目指す方は、

「転職のプロ」になる必要はありません。

最低限の確立された転職ノウハウを学べば充分です。

したがって、研究するのではなく、

研究されたもの、

すなわち「ノウハウ」をサクっと頭に入れておけば、

それだけで結果はだいぶ違うものになってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする