転職面接で「給与」や「福利厚生」の話は聞いてもいいのでしょうか?

こんにちは、佐藤です。

転職面接で「給与」や「福利厚生」の話を聞いてもいいですか?

と質問を受けることがありますが、実際はどうなのでしょうか。

気になるポイントですので、少し解説をしてみたいと思います。

これは私の意見ですが、

面接時に「給与」や「福利厚生」のことを聞くのは避けた方がいい。

という考え方をしています。

それを聞いたからといって「即NG」となる訳ではありませんが、

面接官としては、「仕事の内容よりも、条件面をすごく気にする人なのかな?」

という印象を持ってしまうことは事実です。

私の教えている面接戦略は、

基本的に「仕事・キャリア」を軸に面接での話を展開していくので、

そこで「給与」や「福利厚生」の話をしてしまうのは、

控えるようにしてもらっています。

しかし、勤務する会社を決めるにあたって、

「給与」や「福利厚生」などの条件面はとても大切ですよね。

ではどうすればいいかというと、

「内定をもらうことができたら、その後で条件面談を設定してもらう」

というようにしています。

内定が出たということは、

基本的には企業の方から断られることはないという状態になったことです。

その状態に持って行ってから、「条件面談」で詳細の話を伺うようにします。

選考中にビクビクしながら聞くよりも、堂々と質問することができるので、

基本的にはこのやり方をオススメしています。

ぜひ参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする