転職面接で「あなたの強みは何ですか?」と聞かれたらどのように答えれば良いですか?

こんにちは、佐藤です。

転職面接で「あなたの強みは何ですか?」と聞かれたら、

どのように回答をすれば良いのでしょうか?

比較的よく聞かれる質問ですので、考えてみたいと思います。

「あなたの強みは何ですか?」と面接官が聞いてきた時は、

以下2つのどちらかを意図していると思われます。

一つは、「職務上のスキル・経験」においての強みを聞きたい。

もう一つは、「ヒューマンスキル」としての強みを聞きたい。

このどちらかを質問の流れの中から見分けることが必要です。

「職務上のスキル・経験」における強みとは、

例えば営業であれば、商談相手のキーパーソンを探してクロージングをするスキル、

経理であれば、年次決算をメインで担当することができるスキル、

人事であれば、新卒採用の企画から実務、面接官を担当するスキル、

管理職であれば、部下をマネジメントしてチームとして最大限の成果をあげるスキル、

などといった「業務上で使えるスキルとしての強み」のことを指しています。

一方、「ヒューマンスキル」としての強みとは、

協調性に優れているので、どんなチームでもうまくやっていけるとか、

目標達成思考が強いので、仕事において一定の成果を出すことができるとか、

正確性に自信があるので、緻密な業務でもミスなくこなせるとか、

主に「人物としての特徴・強み」を指しています。

その面接におけるこれまでの話の脈絡の中で、

面接官がどちらを聞きたがっているのかを判断し、

答えを選択する必要があります。

もしどうしてもどちらを聞いているか分からない時は、

「経験・スキルなど業務上での強みは~~~~~ で、

人物面の特徴としては~~~~~~」の2つを答えてしまっても良いと思います。

したがって、事前の面接準備では、「自分の強み」に関しては、

この2つの側面から答えを用意しておくようにしましょう。

そして、以前の記事でも書きましたが、

「丸暗記はしない」で「キーワード」をざっくりと頭に入れておく

ことを忘れないでくださいね。

この「あなたの強みは何ですか?」という質問は、

自分をアピールできる質問ですので、「チャンス質問」と言っていいでしょう。

面接官にプラスの印象を与えられるよう、しっかりと準備をしておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする