20代の転職で求められることは何ですか?

こんにちは、佐藤です。

20代の人が転職する際、企業側が見ているのはどんなことなのでしょうか?

特に初めての転職の場合は、気になるところだと思います。

まず、20代前半から半ばくらいの人に求められていることですが、

主に、ポテンシャル、意欲・熱意、人間性といったところです。

この年齢層では、ビジネス面での実績はまだ持っていなくて当たり前ですので、

それよりも、これから伸びていく余地のある人材かどうかが問われます。

そのための指針として、意欲や熱意、人間性といったところを、

主に面接を通して確認したいと、企業は考えています。

次に、20代中盤~後半くらいまでの人に求められていることですが、

この年齢層になると、ビジネス面での成功体験がある程度は欲しいところです。

もちろん、ポテンシャル、意欲・熱意、人間性といったところは重要視されますが、

「同年代くらいの人と比べて、この部分では自分が優っていると思う」

というような話を、ビジネス上の成功体験と絡めて話せるようにすると、

面接官の印象もずっとよくなると思います。

ただし、逆に言うと、20代くらいの人がビジネス面での実績や業績を強くアピールしても、

あまり面接官の心に響かない、といったことも起こりえます。

むしろ、「謙虚さに欠けている」という評価をされるリスクもありますので、

「まだまだ自分はビジネス駆け出しの人間」

という自己認識をベースにして、話をするようにしましょう。

転職市場全体から見ると、

20代というのは一番、企業からの人気がある「転職強者」です。

なので、「転職活動なんて楽勝だ」という印象を持つこともあるかもしれません。

しかし、年齢を重ねるたび、転職を重ねるたび、どんどん転職は難しくなってきます。

「条件の良い転職は今しかできない」くらいの気持ちをもって、

後悔のない転職活動をできるように、しっかりと考えて動きましょう。
PS.

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする