今の会社を退職してから転職活動をしようと思っていますが大丈夫でしょうか?

こんにちは、佐藤です。

転職活動を行うのは現職中の方が良いか、

それとも辞めてからの方が良いか、

とてもよく聞かれる質問です。

やはりこの点についてはしっかりと考える必要がありますので、

ここで少し触れてみたいと思います。

一般的には、「転職活動は現職中に行うべき」と言われています。

「退職してから転職活動を行って」しまうと、

■決まらなかった時に、収入がなくなってしまう。

■離職期間が長引けば長引くほど、不利になってしまう。

■給与交渉などの場面で、離職していることにつけ込まれてしまう。

といったようなマイナスポイントがあるからです。

一方、「現職中に転職活動を行う」ことにはどんなデメリットがあるでしょうか?

■面接に行ける日時が限られてしまい、選考が遅くなる。

■現職が忙しい場合、落ち着いて転職活動に集中できない。

といったところです。

そしてもう一つ、見逃せないデメリットがあります。

■できるだけ早く入社を希望する求人の場合、現職中というだけで落とされることがある。

ということです。

そして近年、このような「即入社希望」の求人が少しずつ増えているのです。

なぜそういった求人が増えているのかを考えると、

社会・経済情勢などの背景が色々とあるため、ここでは述べませんが、

そこがとても気になっているところです。

もちろん、収入がなくなってうしまうなどのリスクを考えると、

やはり「現職中のまま転職活動を行う」方が精神的にも負担が少ないと思いますが、

「現職中というだけで落とされる」ことが増えていることだけは

知っておいた方が良さそうです。

逆に、退職してから転職活動をすることに「なってしまった」場合は、

「即入社希望」の求人を中心に応募していけば、

少なからず合格できる可能性は高くなりますので、

そのような視点を持って活動することをオススメしたいと思います。
PS.


PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする