こんにちは、佐藤です。

転職面接で「自己PRをしてください」と言われることが時折あります。

 

大半の人は、「自己PR?なんだそれ?どうやって?」と思いますよね。

この「自己PRをしてください」について、少し解説をしてみたいと思います。

 

まず、転職面接でこの質問をしてくる面接官は、かなりレベルが低い。

と思っていただいて結構です。

 

よほど、面接官慣れをしていないか、人を見下しているかのどちらかです。

 

なぜかというと、応募者としては、

これまでのキャリアや実績を詳細にプレゼンすればいいのか、

それとも要約をざっと説明して、後から質疑応答してもらえればいいのか、

どっちか分からないので、大変やりにくいからです。

 

少し経験があれば、もしくは話し手の立場を考慮してくれるのであれば、

「まずは、今までのキャリアや経験を大まかに説明してもらますか?
その後、こちらから詳細を質問させていただきますね。」

 

といったように、応募者が答えやすいように聞いてくれるはずです。

それができていないのであれば、

よっぽど面接官慣れをしていないか、人を見下しているかのどちらかと、

言われてしまっても否定できないと思います。

とはいえ、そのような質問が来てしまったら、何とか対応しないといけません。

そこで、その質問が来たら、

 

「それではこれまでのキャリアと経験をポイント・要約で説明させていただきます。

 

詳細については、その後の質疑応答でお答えする形でよろしいですか?」

 

と自分から「自己PR」を「定義」してしまうのが一番間違いがないと思います。

 

「ポイントだけ話すから、気になったところがあれば個別に聞いてね」

 

と仕切りを入れてあげるのです。

 

そうすることで、面接官と応募者共に、

「まずは要約を説明→質疑応答で詳細を説明」

 

といった具合に、共通認識を持って話をすることができます。

本来は当然、その場の仕切りというのは面接官がやるべきことですが、

時にはそこまで応募者がやらなくてはいけないケースもあります。

 

そういった状況でも、冷静に対応できるように「面接スキル」を磨いておきましょう。

 

このような「面接スキル」や「転職ノウハウ」について、

効率的かつ正確に学ぶことをご希望されるのであれば、

以下の教材を参考にしてみてください。

 

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!