こんにちは、佐藤です。

 

転職活動では履歴書・職務経歴書の提出が必須となりますが、

 

職歴で離職期間(ブランク)がある人は、やはり不利になってしまうのでしょうか?

 

とても気になるところですので、解説してみたいと思います。

 

まず、当然ではありますが、離職期間があるよりはない方が印象は良いです。

 

しかし、「離職期間がある人は絶対ダメ」なのかというと、

 

それ程のことではないのもまた事実です。

 

(時折、かなり気にする選考官もいますが・・。)

 

要するに、面接で聞かれた場合に

 

「納得できる説明ができれば」特に問題ない場合が多いです。

 

おおまかな目安としては、

 

「3~6ヶ月、もしくはそれ以上の離職期間」

 

が見られたりすると、面接官も「ここは確認しておこう」と思うことが多いです。

 

「この間は何をしていたのですか?」と聞きたくなります。

 

それに対する回答ですが、基本的にはウソはつかずに、

 

本当の理由を話すことが望ましいとは思いますが、

 

「体調不良」「病気療養」などで離職期間が長くなっている場合には、

 

「今はどうなのか、完治しているのか、勤務に支障はないか」

 

を必ずしっかりと説明するようにしてください。

 

ここを不安に思われると、当然ながら合否に大きな影響が出てしまいます。

 

逆に、「今はまったく問題ないです。」と

 

主治医の診断内容なども含めてしっかりと説明をしてもらえると、

 

面接官としては結構、安心できます。

 

「せっかく良い人なのに、体調面の不安で採用を見送るのはもったいない」

 

という心理が働くからです。

 

その他にも、「介護」、「語学留学」、「専門学校で勉強」、「アルバイトをしていた」

 

など色々とケースがあるとは思いますが、できるだけ本当のことを話しましょう。

 

内容によっては、あまりプラスのイメージを持ってもらえない場合もありますが、

 

それはそれで仕方のないことです。

 

それを踏まえた上で、

 

「職歴としてはブランクになってしまっているけれども、

 

自分にとってその期間はプラスだったと考えている」

 

ということを自信を持って話せるようにしておきましょう。

 

きっとそれを理解した上で、あなたを評価してくれる会社はあるはずです。
PS.


 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!