こんにちは、佐藤です。

 

志望企業の業界研究をしたい場合、どうすれば必要な情報を得られるでしょうか?

 

あまり時間はかけず、でも最低限の知識は仕入れておきたいですよね。

 

一番、手軽でてっとり早いのは、

 

ネットで「○○業界」として検索をかけてみることです。

 

そこでヒットしたサイトを少し詳しく読んでみれば、

 

最低限の情報は得ることができると思います。

 

ただ、やはり注意しなければならないのが、情報の正確性です。

 

ネットは個人が思ったことや持っている情報をそのまま掲載することができます。

 

ですので、間違った情報を仕入れてしまうリスクもありますので、

 

その辺は充分に注意して「全てを真にうけない」姿勢が必要です。

 

そこで、同じくネットで「○○業界」と検索すると、

 

いわゆる「業界本」が紹介されているページに行くことがあると思います。

 

「業界本」は当然ながら、情報の正確性はネットよりは高いと思いますので、

 

同じ業界で複数社を受ける場合は、購入して目を通しておくことをオススメします。

 

そして、やはり一番タイムリーでリアルな情報を得ることができるのは、

 

実際にその業界で働いている人に、直接会って話を聞く、

 

ことです。

 

その業界に知人がいれば直接連絡を取って話を聞いてみることができますし、

 

FacebookなどのSNS経由で探して、該当者を探し当てることも可能だと思います。

 

「よくそんなことを知っていますね」と面接官を唸らせたい場合は、

 

必須になってくる行動だと言えます。

 

 

方法を挙げてみると、当たり前と言えば当たり前のやり方ばかりなのですが、

 

大切なのは、どこまで時間と手間をかけて情報収集するか、という視点です。

 

1社だけしか受けないのに、かつそこまで志望度も高い訳ではない場合、

 

わざわざ業界本を買って、知人と会って、

 

という手間をかけることは時間がもったいないですし、

 

逆に志望度の高い業界で、ネットだけの情報収集、というのも心もとないですよね。

 

転職活動は非常に作業量の多い活動です。他にもやることはたくさんあります。

 

特に現職中の人はなおさらです。

 

どこまで時間を手間をかけて、どのくらいまで情報を収集するか、

 

あなたの状況によって、「やる、やらない」を冷静に判断するようにしていただければと思います。
PS.


 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!