こんにちは。佐藤@転職コンサルです。

働きながら転職活動をされている方によくある悩みですが、

 

「1、2社連続して不採用だったりすると気落ちしてしまい、

転職活動を続ける気力がなくなってしまいます。」

 

という話を聞くことが多いです。

 

離職中で活動をされている方は、

そんなことを言っている場合ではないので、

もうガシガシと突き進むしかないのですが、

現職中の方ですと、

明日食べるお金に困っているという訳でもないため、

どうしてもやる気が出なくなってしまう、

ということのようです。

 

 

これはもう、やる気がおきないのであれば、

やる気が出てくるまで待つしかない、

というのが究極的には唯一の解決策ではあります。

 

しかし、

「1~2社」あるいは「数社」

落ちただけで活動をストップしてしまうというのは、

さすがにもうちょっと頑張った方がいいと思いますので、

ここに関しては

「だいたいどのくらい不合格になったらやる気を失っても仕方ないの?」

という目安としての「数値」を知っておきましょう。

 

 

それはだいたい、

「30社」

だと思ってください。

 

 

「30社」連続で落ちたら、

流石にちょっと落ち込んで気が滅入って、

「ちょっと転職活動をお休みにしてリフレッシュするか」

となっても仕方ないと思います。

 

それ以下で落ち込んだりするのはまだ早いですね。

 

この数字の根拠ですが、

だいたい

・年齢が若くて

・経験社数も少なくて

・専門知識(キャリア)や学歴があって

というようないわゆる

「転職に強い人」

であっても、

だいたいまあこれくらいの会社は回って、

落ちたり受かったり、

「ここは違うなあ」と辞退したりしながら、

色々見て回ったりするものです。

(もちろん、そうでない人もいます。)

 

だいたい誰でもそれくらい見て回るものだと思えば、

例え全部不合格になろうが、

それくらいの社数は受けておこう、

と考えた方が、1~2社落ちてストップしてしまうよりも

ずっと良いかと思います。

 

ただもちろん、30社ひたすら受け続けて落ち続けて、

それで良いのかというとそんなことはありません。

 

1社落ちたら、どこが悪かったのか。

情報が入るのであればその情報を入手して改善。

 

特にほとんどの方は応募書類でつまづくことが多いので、

(書類選考に受かっても、応募書類の書き方が甘いために、

面接を戦略的にこちらのペースにもっていけずに撃沈する)

より完成度の高い応募書類に改善していく。

 

そんな試行錯誤も重ねるべきであることは間違いありません。

 

参考になればと思います。

PS.

リクナビNEXT、マイナビ、enなど転職サイトから応募しても合格しない方はこちら

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!