こんにちは。佐藤@転職コンサルです。

 

転職面接でよくある質問の一つに、

 

「あなたの(5年後)10年後(もしくはそれ以降)のビジョンを教えてください」

 

というのがあります。

 

なかなか答えづらい質問ですよね。ちょっとここで考えてみたいと思います。

 

この質問をする面接官の意図、背景、本音としては、

 

■この人はうちの会社に定着して、長く働いてくれる人材だろうか。

 

■目指すところを持って、モチベーション高く仕事に励んでくれる人材だろうか。

 

■自分のキャリアやビジョンを主体性を持って、自発的に考えられる人材か。

 

といったところが考えられます。

 

そこを確認するのにちょうど良い質問なんですね。

 

この回答についてですが、1点、注意事項があります。

 

それは、基本的には【その会社に入社したと仮定してのキャリアビジョン】を語ることです。

 

「この分野で経験を積み、5年後、10年後には会社を辞めて大学の先生になっていたい」

 

というのはあまりよくありません。

 

「ずっと遠い将来に、いずれは・・・」ということであれば問題はないのかもしれませんが、

 

面接官が聞きたいのはそこではありません。

 

この会社に入社したとして、この仕事に就いたのであれば、

 

1年後はこうなっていたい、3年後はこうなっていたい、

 

そして、5年後、10年後はこうなっていたい、というのを

 

 

大まかでいいので、段階的に考えておくようにしましょう。

 

1年後にはその会社での仕事のやり方をきっちり覚えて、

 

3年後には部下を持って教えられるくらいになり、5年後にはその部門を引っ張る立場、

 

10年後には会社の経営層として、会社全体に貢献していきたい。

 

といったような感じです。そこに具体的な仕事内容などを盛り込めればなお良しです。

 

こう書いてしまうと、やや紋切り型な印象を持ってしまうかもしれませんが、

 

面接はこんなもの、といえばこんなものです。

 

面接官の意図、背景、本音を踏まえた上で、

 

面接官の応募者に対する不安を解消できるような、適切な回答ができるようにしましょう。

 

参考にしてみてください。
PS.

リクナビNEXT、マイナビ、enなど転職サイトから応募しても合格しない方はこちら


 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!