こんにちは。佐藤@転職コンサルです。

面接や書類選考の合否連絡が1週間を過ぎても来ないことってありますよね。

こんなとき、応募者側の心理としてはとても不安になるものです。

そのような場合はどのように考えれば良いでしょうか。

 

「連絡が来ないということは、やはり不合格の可能性が高いのでしょうか?」

とよく聞かれますが、確かに不合格になる可能性は残念ながらあります。

 

なぜ連絡が来ないか、ですが、

企業側の実務の視点から言うと、

「不合格者への連絡よりも、合格者への連絡の方が優先順位が高い」

からです。

 

合格者に対しては、まず辞退されないように、

そして、その人の入社意欲がどのくらい高いのかを確認するために、

いち早く連絡をすることが求められます。

 

そして、次回の面接日程の調整や条件の設定など、

色々とやらなければならないことがあるので、

そちらに業務の時間を優先的に割くことになります。

 

その結果、不合格者への連絡は後回しにされてしまいがちになるのです。

 

特に応募数の多い書類選考段階ではよくありがちです。

実務的に言うと、書類選考不合格の連絡は、

面接の不合格よりもさらに優先順位が下がるからです。

 

ただし、連絡が来ない=即、不合格かというと、

 

必ずしもそうとは限らない場合もあります。

 

連絡が来ないけれども不合格ではないケースで一番多いのは、

「保留」または「補欠」です。

 

これはどういうことかというと、

 

「(応募者)Aさんの結果は、(応募者)Bさん次第で決めよう」

 

というようなものです。

 

応募者Aさんの面接が終わった後、2週間後に応募者Bさんの面接がある。

 

どちらか良い方を次の面接に進めたいので、

応募者Aさんは「保留」としておく、

ということがとてもよくあります。

 

そういったケースでは、気の利く企業であれば、

「結果が出るまで○日お待ちください」などと言ってくれますが、

何も言ってくれないまま、ただひたすら待たされる、

というようなこともあったりします。

 

また面接だけではなく、書類選考の場合においても、

「Aさんを保留として先にBさんと1週間後に面接。

その結果、Bさんが不合格もしくは辞退であれば、Aさんを次に面接に呼ぶ」

というようなこともよくあります。

「・・・最初からAさんもBさんも面接に呼べばいいのに。」

 

と思うかもしれませんが、

面接官のスケジュールの都合上、

もしくは偉い役職の面接官が面接嫌いな場合など、

このような扱いになるケースもありますので、

事前に知っておくとよいと思います。

ということで、基本的には気長に待っていれば何らかの連絡は

そのうち来ることが多いのですが、

気になるようであれば、積極的に企業に電話で問い合わせをしてみるといいと思います。

 

問い合わせをしただけで不合格になる、

ということはほとんどありませんので、気を使う必要は特にありません。

 

 

 
PS.

◆書類選考の合格率が「数倍に高まる方法」

◆面接での自分を「劇的に変えるテクニック」

◆一瞬にして転職の達人になれる「驚きの方法」…

 

リクナビNEXT、マイナビ、enなど転職サイトから応募しても合格しない方はこちら

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!