こんばんは。佐藤@転職コンサルです。

 

今日は、

 

面接官に意図的に好印象を与えるにはどうすればいいか。

 

そのポイントについてお話します。

 

以下、5つです。

 

ポイント① 表彰台にのぼるつもりで入室

 

面接に対する緊張感か、

 

あまりにも固い表情で面接会場に入ってくる人が多いです。

 

そのような応募者は、

 

硬い殻でおおわれたような印象を与え、

 

あまり良い印象とは言えません。

 

そこで、気持ち的には、

 

審査台ではなく、

 

表彰台に登るようなつもりで入室することです。

 

もちろん緊張するのは同じですが、

 

表情が輝き、

 

周囲に受け入れられる印象になります。

 

これは不思議と

 

、面接担当者の心象に大きく影響します。

 

ポイント② 面接官に好感を持つ

 

初対面でこちらが「嫌な人だ」と思うと、

 

相手からも好かれない、

 

という話はとてもよく聞きますね。

 

そこで、面接官に対して、

 

「いい人だなあ、この人に会えてよかった」

 

という思いをオーラのように投げかえるのは、

 

実は面接の極意だったりします。

 

少なくとも、

 

書類選考で大勢の中から自分を選び、

 

チャンスを与えてくれた人です。

 

その感謝の気持ちを最初のあいさつの時にも、

 

言葉にしてみましょう。

 

ポイント③ 説明や質問は耳ではなく全身で聞く

 

背筋を伸ばして、

 

全身で聞くつもりで面接官に向き合いましょう。

 

質問を真剣に聞けば、

 

視線は自然と面接官の顔に向きます。

 

聞く力もコミュニケーションのひとつですから、

 

聞き上手と思われれば、

 

一定の評価を得ることができます。

 

(ただし、あまり大げさなりすぎないように注意してください)

 

逆に、面接官の説明や質問を最後まで聞かず、

 

途中で言葉を挟んだりすると、

 

マイナス評価につながってしまいますので

 

注意してください。

 

ポイント④ 質問には素直に誠実に答える

 

面接官は応募者の素顔や本音を探ろうと、

 

ちょっと変わった質問も繰り出してきたりします。

 

多少、無礼な質問をされたとしても、

 

ムッとして「答えなくてはダメですか?」など

 

非難口調で切り返すのはNGです。

 

どんな難問・珍問も、

 

選考の上で必要な事項を確認するためのもの。

 

冷静になってその前提を思い出して、

 

質問の意図を判断して

 

素直に誠実に答えることが大切です。

 

ポイント⑤ 自分の言葉で結論から簡潔に話す

 

面接マニュアル通りの模範解答や、

 

やたらと話の長い解答は、

 

一発で面接官に悪い印象を与えてしまいます。

 

また、クローズドクエスチョン(例えば、「外はまだ雨が降っていましたか?」)に、

 

「はい」だけの解答は無愛想です。

 

「はい、まだ少し降っていましたが、だいぶ弱まってきており、

 

あと数時間もすれば雨もあがると思います。」

 

などプラスαを加えましょう。

 

質問にはまず結論を答え、

 

自分だけの簡潔な具体情報を加味するのが、

 

好印象を与えるポイントになります。

 

以上です。ここを意識するだけでもだいぶ変わってきますので、

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

私のメルマガを通してお伝えしています。
PS.

◆書類選考の合格率が「数倍に高まる方法」

◆面接での自分を「劇的に変えるテクニック」

◆一瞬にして転職の達人になれる「驚きの方法」…

などなど、

きっとあなたが今まで聞いてことがない

「最強の転職ノウハウ」を知りたい方はコチラ。
 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!