こんにちは。佐藤@転職コンサルです。

 

『面接で転職理由を聞かれて、

「キャリアアップをしたいから」と答えたところ、

面接官に「ありきたりですね」と言われてしまいました、

やはり他の転職理由が必要ですか?』

という相談を受けることが最近あります。

 

 

本当に「キャリアアップ」をしたいのに、

「ありきたりですね」と言われてしまっては困ってしまいますよね。

今日はそのあたりについて考えてみたいと思います。

 

 

私の考えを言いますと、

「キャリアアップ」をしたいから転職をしたい、

という転職理由はまったく間違いではありません。

 

 

むしろ、前向きな理由でとても良いと思います。

人には向上心がありますので、

より高度な仕事、より満足感の得られる仕事に

挑戦したいという気持ちを持つのは当然のことです。

 

 

でも、それでいざ転職を考えて、いざ面接に臨み、

「キャリアアップをしたいので転職をしたいのです」

というと、たいていの面接官は首をかしげてしまう、

という現実があり、なかなか応募者の気持ちは伝わりません。

 

それって何が問題なのでしょうか。

 

 

それは、ありきたりな「キャリアアップ」という「単語」

を出してしまうことに問題があるのだと思います。

 

 

皆がみんな、「キャリアアップ」という言葉を使うから、

面接官は辟易してしまっている訳です。

 

 

「より高度な仕事に挑戦したい」

さらに難しい仕事にチャレンジすることで自己実現を成し遂げたい

というやや抽象的な概念を

「キャリアアップ」という言葉が見事にその抽象性を表現してしまうので、

誰しもが「キャリアアップ」という言葉を面接で使ってしまうんですね。

 

 

しかも、抽象性が高い言葉を表現しているだけに、

一口に「キャリアアップしたいと思いました」

と言っても、それが具体的に何を言っているのかが何だか分かりづらい。

 

 

でも、応募者みんなが「キャリアアップ」「キャリアアップ」と連呼する。

それで、面接官がアレルギー反応を起こしてしまい、

「キャリアアップ」という言葉を使った瞬間に、

「またコイツもか」と大きく減点されてしまうということなのです。

 

 

じゃあどうすれば良いのでしょうか?

まずは、面接で「キャリアアップ」という言葉を使うのをやめることです。

むしろ、「NGワード」と考えてもいいくらいですね。

 

 

その上で、「より高度な仕事をやりたい気持ち」、

「次のステップにチャレンジしたい気持ち」

を伝えるようにすれば良い、ということです。

 

 

じゃあ、今度はそれをどう伝えていくか。

 

 

その伝え方、いわゆる「フォーマット」については、

もし興味があれば、

以下の教材を参考にしてみてください。

 

PS.

リクナビNEXT、マイナビ、enなど転職サイトから応募しても合格しない方はこちら

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!