このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、佐藤です。

 

転職の求人情報を探すにあたって、

現在は転職サイトで探す方法と、

人材紹介会社に登録して求人を紹介してもらう方法、

という大きく2つのパターンがあると思いますが、

 

「求人サイトと人材紹介会社のどちらを使うべきですか?」

という質問を受けることがありますので、

そちらについて見解を述べてみたいと思います。

 

あなたが20代、30代前半で、

転職回数も多くなく、

キャリアや学歴があるということでしたら、

求人サイトを使っても良いかと思います。

 

ただそれ以外の場合、

すなわち、

・年齢が高い、

・転職回数が多い、

・あまり立派なキャリアがない、

という

「転職に不利な条件を持つ人」

は、できるだけ人材紹介会社を使った方が良い、

というのが私の思うところです。

 

というのも、

求人サイトというのは、

利用する企業ごとに管理画面がありまして、

そこでエントリー者の情報を見れたりするのですが、

最近の求人サイトの管理画面には

「フィルタ機能」

がついているものが増えて来ているんですね。

 

例えば

「○○歳以上」

とか

「在籍○社以上(=転職回数)

とかをあらかじめ設定しておくと、

それに該当するエントリー者は

自動的にNGボックスに入れられて、

エントリー者一覧に出ないようにしたりもできるのです。

 

これは特に大手の求人サイトなどはかなりの広告費をかけて

応募者を集めています。

そのため、1つの求人に対して結構なエントリー者が集まるのですが、

(もちろん企業ブランドや職種によって差はありますが)

応募者情報を管理する企業側にとっては手間なので、

あえてそのような機能をつけている、

ということです。

 

そうすると、あなたが

「転職に不利な条件を抱える人」

である場合、

エントリーしても、エントリーしても

それこそ連発で

「お祈りメール」

ばかりが返ってくることも起きてくるのです。

 

これはモチベーション減退や自信喪失にもつながりますので、

そのような場合は求人サイトは利用せずに、

できるだけ人材紹介会社を使った方が良い、

と私は考えています。

 

だいたいの人材紹介会社は、

あなたとしっかりと時間を取って面談し、

あなたの長所や強みをしっかりと理解して、

それを踏まえた上で企業に紹介してくれます。

 

そうすると、求人サイトよりは

しっかりとあなたの情報を見てもらいやすいですし、

当然、書類選考通過率も高くなるのです。

 

ただ、人材紹介会社も商売でやっていますので、

あなたを企業に紹介しても

内定が取れなさそうだと判断した場合は、

「残念ながら紹介できる求人がありませんでした」

と断られることもあります。

 

しかし、求人を紹介してもらえるということになれば、

直接会って、面談やヒアリングをしてくれますので、

やはり求人サイトよりはオススメできると思います。

 

そして、話が進んで人材紹介会社から企業に応募することになったら、

企業がその求人で欲しいと思っている人材像を、

人材紹介会社を通して

聞いてもらうようにぜひ頼んでみてください。

 

そのような情報が選考前に手に入れられると、

その企業を受けるにあたっての対策などが

とても立てやすくなります。

 

参考になれば幸いです。

 

この記事が「役に立った!」と感じたら、
ぜひ以下をワンクリックお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加