にほんブログ村 転職キャリアブログへ


↑絶対に押さないでね!笑
(できれば両方・・・)

こんにちは、佐藤@転職コンサルです。

 

「転職してキャリアアップをしたいのですが、できますか?」

という質問をいただきましたので、

それに回答したいと思います。

 

まず、「キャリアアップ」という言葉の意味を考えると、

「新しいスキルを身につけたり、

これまでにない経験をしたりする」

結果、自分の市場価値が高くなる、

ということに近いと思います。

 

そうすると、転職して新しい会社に移った場合、

職場や人間関係などの環境が変わりますので、

確かに転職することでしか成し得なかった

「新しい経験」はできるかと思います。

 

これまでの自分の世界にはなかったことを知り、

視野が広がったり、

考え方の選択肢が増えたりすることもあるでしょう。

 

しかし、仕事面で言うとどうなるでしょうか?

基本的に中途採用は

「即戦力」

を企業は求めます。

 

その求人で募集している仕事内容を、

他社で経験していて、

入社したらすぐにできる人に任せたいと考えます。

 

そうすると、

あなたが専門職の即戦力で転職したとすると、

これまで経験してきて、

すでにスキルやノウハウのある仕事を

次の会社に行って、まずはやるわけです。

(第二新卒などでまったく未経験の職種に採用された場合は別ですが)

 

私であれば、中途・新卒などの人材採用担当の経験が多いので、

他の会社に転職しても、

まずは人材採用業務をやることになると思います。

 

もちろん、今までとは違う環境の中で採用の仕事をするわけですから、

経験、という意味では新しい経験ができますが、

基本的にはこれまで培ったスキルや知識で対応するため、

新しいスキルを身につけたり、

というのはあまりないと思われます。

 

同じ人事の中で、

人事制度や教育研修の仕事にいきなり携われるかというと、

それはやはりなかなか難しいのです。

(経験がない場合)

 

まずは数年は採用担当として結果を出して、

それがその会社で評価されて初めて他の仕事、

つまりキャリアアップを叶えられる仕事に就ける、

という流れになるかと思います。

 

経験のある採用担当をやりながら、

同時に新しいキャリアである教育研修も携わらせてもらう、

という可能性もありますが、

それであれば、採用も教育研修も両方経験している人を

優先的に採用することになりますので、

なかなかそのようなポジションに就くのは難しいでしょう。

 

そう考えると、

「転職してキャリアアップ」

というのは、必ずしも、

「転職すればキャリアアップできる」

というわけではない、ということですね。

 

まずは自分の

「できること」

で会社に貢献し、

そこで出す成果を認めてもらい、

それがあって初めて、

「やりたいこと」

に携わらせてもらえる、という流れができるのです

 

もちろん中には、

「これまでに経験のない仕事もやっていいよ」

という会社・求人もあるかと思いますので、

私が言っていることが100%ということではないです。

 

しかし、とりあえず

「転職=即キャリアアップ」

という考えはあまり持たない方が良いでしょう。

 

「できること」

「やりたいこと」

 

をしっかりと整理して、

面接の中で伝えていくことが必要になるかと思います。

 

まずは自分の「できること」で会社に即戦力として貢献し、

その後は自分の「やりたいこと」にも挑戦していきたい。

という話ができる応募者は、強い説得力があります。 

 

参考になれば幸いです。

この記事が「役に立った!」と感じたら、
ぜひ以下をワンクリックお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!