こんちにちは。佐藤@転職コンサルです。

今日は、転職面接の原理原則、

要するに

 

「転職面接に合格するために心得ておくべきこととは?」

 

について解説したいと思います。

 

企業が募集すると、様々な中途応募者がやってきます。

当然ですが、みなさん職歴や経験内容もさまざまです。

 

 

そのため経験・スキル・キャリアの内容を確認する際も、

その確認すべきポイントというのは、それぞれ異なります。

 

 

私が面接官をする時もそうですが、たいてい、

応募者が提出した履歴書・職務経歴書などをもとに、

事前に、気になるところやもう少し詳細な説明をしてもらうことなどを

整理していたりします。

 

 

それが面接質問に反映されてくるわけです。

そのため、転職面接での質問に対する回答は、

企業の面接官が、一体、自分の何が気になっているのか、、

何を評価判定したり確認したりしようとしているのか・・・

という面接官の気持ちとねらいを推測することが重要になってきます。

そこがわかると、

転職面接に合格するための

”質問に対する的確な答え”

を見つけることができるようになります。

 

 

人材紹介会社経由の応募でしたら、

あらかじめ応募先企業の採用基準などを聞いてもらうように依頼してみてください。

そこから評価ポイントを把握して、

自分のキャリア・経験などから疑問を持たれそうなことを洗い出しておくと、

スムーズに質疑応答ができるようになります。

 

 

また、皆様の中には、面接官から「選考と関係あるの?」

と思ってしまう質問をされたことがある人もいると思います。

「何か趣味はありますか?」

とか

「今日はどうやって来たのですか?」

などですね。

 

 

でも、それらは決して興味本位だけの質問というわけではないのです。

 

 

だいたい、企業の面接官が面接に使える時間は30分~1時間ほどです。

その時間内で面接官は必要な確認事項をチェックして、

 

その役割として課せられた「応募者の合否判断」をしなくてはならないのです。

 

そのため、選考に関係の無い興味本意の質問をする程、余裕はないのです。

 

「すべての面接質問は、選考上の必要があって聞かれている。」

 

これをぜひ覚えておいてください。

そう考えることで、想定内の質問が来れば自信を持って答えられるようになりますし、

予想外の質問への対応もしやすくなります。

 

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!