こんにちは。佐藤@転職コンサルです。

「転職の書類選考や面接において、

企業側が第一番目に見ることは何ですか?」

 

という質問に答えてみたいと思います。
最初にずばり答えを言ってしまいますと、


「この人と一緒に働きたいと思うかどうか」

です。
これがない、

すなわち、

「この人とは一緒には働きたくないなあ」

と思われてしまいがちな人ですと、

いくらスキルが高くて経験が豊富で、

即戦力の高付加価値人材でも、

受ける企業NG連発、

ということが時折起こるわけです。

 

これを防ぐためには、

基本的なマナー、

例えば面接の時間には遅れずにしっかり行く。

逆に30分前に行ったりして相手を困らせたりしない。

服装、身だしなみは整える、

企業研究はしっかりとしていく、

受付やお茶を出してくれる社員にも礼儀を尽くす、

といった最低限の気の使い方から、

基本的マインドとして、

「まずはよろしければ雇っていただく。

そして、もし雇っていただければ、

そのご恩に報いるために、

同僚とも円滑な人間関係を築きつつ、

しっかりとした業績を上げて、

会社に貢献していきたい」

という謙虚な姿勢をもつこと。

(「こっちが会社にを選んでやるんだ」などの不遜な

態度は取らない、思わない)
など、

テクニックやノウハウ以外の

本当にちょっとした

基本的なマインド・スタンスの部分

意識を向けるようにしましょう。

 

少し裏話をすると、

1つのポジションに2人の候補者がいて、

さてどちらの候補者を採用しようか、

となった時に、

普通であれば

よりスキルや経験的、年齢的に優っている人を

採用するかと思いますが、
それよりも、

「人物的にこっちの人の方が好印象だから」

「一緒に働くならこっちの人の方が良いから」

という理由で、

もう一人のスキル・経験が劣る人を採用する、

ということは、

「とてもよくある話」

です。

 

 

なのでちょっと角度を変えていうと、

上記で話したような、

「良い印象を持たれる気遣い」

を徹底的に突き詰めると、

多少、スキルや経験、年齢面などで劣っていても、

他の自分より優るライバルを逆転して

採用を勝ち取れる可能性は

意外に高くある、

ということなのです。

 

これを知っておくと結構有利なので、

ぜひ転職活動に生かしていただければと思います。

 

 

PS.

リクナビNEXT、マイナビ、enなど転職サイトから応募しても合格しない方はこちら

 

PS.
面接で大逆転をしたい人に、

「こんなやり方があったとは・・・!」
「このノウハウを使った瞬間、面接官が目を丸くして驚いていました・・・!」
「どこに行ってもこんなワザを知ることはできないです・・・!」

と多くの人から感想をいただいた

『“たった一言”で面接の合格率が10倍跳ね上がる 究極の面接テクニック』

というレポートを無料でプレゼントします。

tattahitokoto

 

以下のフォームよりご登録いただいたメールアドレスにレポートPDFを送付します。

面接ノウハウレポートを読みたい方はこちら!